在庫管理・倉庫管理(WMS)のお役立ちノウハウまとめ
TEL.045-472-0938(9〜12時/13〜17時半/土・日・祝休)

在庫管理ノウハウ集

企業が在庫管理を重要と考える理由

在庫管理の基礎知識

在庫管理の重要性

上司から「在庫管理には気をつけろ!」と日々言われたり、欠品にならないように多めに発注したら怒られた。なんて経験があるかもしれません。
「在庫管理は本当に重要なの?」「欠品にならないように十分な在庫があれば大丈夫!」と考えている方に、なぜ在庫管理が必要なのか。在庫管理をしないと起こりうる問題点を、『 実務面 』と『 経営面 』の2つの視点からご紹介します。

実務面の影響

在庫の欠品や過剰、在庫数の把握不足により実務にどのように影響があるかを説明します。

企業が恐れる欠品
・製造の停止
・販売機会の消失
材料在庫が欠品になれば、生産が止まり、納品ができなくなります。小売業は販売ができなくなってしまいます。企業の損失となり業務に支障が出ます。

欠品を恐れた、過剰な在庫の仕入
・ピッキングに時間がかかる、できる人が限られる
・誤出荷の原因
・使用期限切れによる廃棄
・品質の低下
・在庫置き場の不足
たくさんの在庫があれば、いつでも販売できるメリットもありますが、その分場所の把握に時間がかかりピッキング業務に支障をきたします。また、誤出荷などの可能性も出てきます。
食品や薬には消費期限があり、期限が切れれば廃棄処分になり損失もなります。使用期限がない在庫でもゆっくりと劣化していきます。劣化したもので販売や製造をすれば品質の悪い商品を販売する企業と評価が下がるかもしれません。

在庫数の把握不足
・在庫数の把握不足により販売機会の消失
・在庫数の確認の手間
受注時、在庫があると思っていたが、実際は数が足りず納品ができなくなり、お客様からのクレームとなる可能性もあります。
在庫数を把握していない為、毎回倉庫に確認で時間が割かれ業務に支障をきたすことも考えられます。



経営面の影響

在庫の過剰は、どのように経費がかかり企業の負担となるかご説明します。

過剰在庫による経費・損失
・使用期限切れによる在庫処分
・大きな倉庫や複数の倉庫の管理費
・倉庫の管理の人件費
保管の為には、大きな倉庫や複数の倉庫を借りることになります。そうすることで、賃貸料や光熱費がかかり、在庫管理をするために人件費がかかります。
食品や薬には消費期限があり、期限が切れれば廃棄処分になり損失もなります。

キャッシュフローのリスク
多くの在庫を仕入ることで、在庫が売れるまでは、使用できない現金状態となってしまいます。その為、現金化するまでキャッシュが減少となります。その在庫が想定よりも現金化できなければ不良在庫となりキャッシュフローが悪化してしまいます。

売上げの不正
売上げは下記のように計算します。
【 企業の利益 】 = 『 売上高 』-『 売上原価 』
『 売上原価 』 =「 期首在庫高 」+「 期中仕入在庫高 」-「 期末在庫高 」
期末在庫高が過剰な在庫数によって、棚卸で在庫高を確認すると売り上げがほとんど残らない場合も考えられます。その為、会社の経営をよく見せるために、在庫数を意図的に減らし、売り上げを多く見せ、粉飾決算に繋がる可能性があります。



まとめ

適切な在庫数を管理できなかった場合に起こる問題点です。
適正な在庫ができれば、在庫過多による損失や経費の削減ができ、販売機会がある時は、会社の利益をしっかり出す事もできます。また在庫の回転数も上がり在庫の品質安定にもつながります。
その為、企業は徹底した在庫管理を必要としています。

  • faecbook
  • twitter
  • pocket
  • はてなブックマーク

こんな記事も読まれています

一覧に戻る