在庫管理・倉庫管理(WMS)のお役立ちノウハウまとめ
TEL.045-472-0938(9〜12時/13〜17時半/土・日・祝休)

在庫管理ノウハウ集

ロット管理を行うワケ

倉庫管理の基礎知識

ロット管理のメリット

ロット(LOT)とは製造過程において、同じラインや同じ原料で作られる「一組」を示します。

在庫管理においてロットまで管理することのメリットは3つあります。

lot011番目は鮮度管理に応用するケース
ロット(ロットNo)はその製造メーカー毎に付け方が違います。
しかし、製造日情報が盛り込まれていたり、古いものから昇順に付けているケースが多くあります。

こうしたロット別の在庫情報を把握すれば、庫内物流の基本である、先に入ってきたものを先に出荷する「先入先出」に役立てることができます。

2番目はロット指定の入出荷作業に対応できること
同じ商品でも、ロット毎に微妙な性能の違いが出ることがあります。
その影響が無視できない場合、取引間でロットまで指定されることがあります。
特に半導体業界ではこうした取引が見受けられます。
そうした場合でも、ロット別で在庫を把握していれば、指定ロットの在庫の有無がひと目で分かり、スムーズな取引が可能となります。
また、モノが入荷してくる際や出荷する際にも、ロットまでシステムでチェックすることができ、正確な作業を実現します。

3番目はロットレベルでの履歴が追跡できること
ロットまで管理するということは、入出荷情報には必ずロット情報が入ります。
ロットレベルまで履歴が追跡できるというお客様や取引先への「安心」を提供すると共に、不具合が発生した場合の回収範囲を限定できます。
全品回収のリスクを回避できるのです。

ロット管理を行うべきアイテム

こうしたメリットのあるロット管理ですが、全てのアイテムで行うべきかと言えば、そうとも言えません。やはり管理レベルを上げれば、現場にもより細かい管理作業を求めることになります。
ネジなどの汎用パーツで、ロット管理の必要性が少ないものは、従来どおりの品目別での在庫管理で充分だと言えます。ロット管理をすべきかどうか、各アイテムの特性に合わせて判断してください。

ロット管理の現場運用

まず、ロット別で管理する場合、現場でロットの取り間違えを防ぐ為の工夫が必要となります。

•ロット毎に保管場所を分ける
•保管ケースには必ず同一ロットのアイテムを保管し
ロットが分かるシールを貼る etc.

こうしたことは、ロット管理をしなければ行う必要がありません。
ロット管理を行う場合、こうした側面があることをまずは理解しておきましょう。

ロット管理の入力負担

システムへの入力について考えてみましょう。
•入力すべき項目が増える
•ロットが分かれることで行が増える

の2点より、ロット別で管理を行うと入力負担は増えます。
一般的にはデータ量が3~5倍に増えるでしょう。
こうした管理・入力負担を軽減を行う為に、在庫スイートではひとつの提案をしています。
それが「QRコード現品票」を使ったハンディターミナル運用です。

lot02QRコードはバーコードと比べ多くの情報が盛り込めます。
JANコードなどのバーコードでは、品目を特定する情報しかありませんが、QRコードに品目のほかにロット情報まで盛り込むのです。
入荷時に印刷して貼る必要がありますが、その後はQRコードをハンディターミナルで一度読み取る(ワンスキャン)だけで、ロット情報まで入力できます。
ロットまで管理する運用においても、品目別での管理と同じ、ワンスキャンでの作業となり、同等の作業負担で済みます
在庫スイートでは、このQRコード現品票の発行機能や、ハンディターミナルによるワンスキャン運用を提供しています。

ハンディターミナル運用が可能な「在庫スイート」

在庫スイートクラウドでは、ロットを含んだQRコード現品票の発行から、ハンディターミナルやiPhoneを使った入出荷・棚卸入力までトータルに提供しています。
無料で30日間体感頂ける体験版もご用意しています。
お気軽にお問合せ下さい。

  • faecbook
  • twitter
  • pocket
  • はてなブックマーク

こんな記事も読まれています

一覧に戻る

御社のシステム適合度を診断!

診断スタート診断スタート

御社のシステム適合度を診断!

  • お問い合わせはこちら
  • デモブース体験の申し込みはこちら
  • TEL.045-472-0938(9〜12時/13〜17時半/土・日・祝休)
  • お問い合わせはこちら
  • デモブース体験の申し込みはこちら
  • TEL.045-472-0938(9〜12時/13〜17時半/土・日・祝休)