【クラウド型】在庫管理システム・倉庫管理ソフト(WMS)

TEL.045-472-0938(9〜12時/13〜17時半/土・日・祝休)
用語集

倉庫管理

さ行・た行

在庫管理・倉庫管理用語として使用される「倉庫管理」について、ご説明します。
<読み>そうこかんり
<英語・別名称>warehouse management

倉庫管理とは?

倉庫管理とは、倉庫内での商品の保管、整理、追跡、および管理を効果的に行うための一連のプロセスおよび活動を指します。
倉庫内での業務を効率化し、誤配送のリスクを軽減するために行います。
これには、在庫の受け入れ、保管、ピッキング、梱包、出荷、在庫管理が含まれます。

倉庫管理の重要性

倉庫管理は、企業のサプライチェーン全体において大きな影響があります。
効果的な倉庫管理は、在庫の正確性を維持し、効率的なオペレーションを通じてコストを削減、顧客満足度を向上させます。
効率的な倉庫管理を行うことで以下のメリットがあります。

  • 在庫精度の向上
  • 正確な在庫数や保管場所が把握できるようになります。過剰在庫や欠品を防ぎ、無駄なコストを削減できます。

  • 業務効率の向上
  • 整理された倉庫では、商品の入庫から出荷までのプロセスがスムーズに進行します。
    ピッキングや梱包、出荷作業の効率が向上し、リードタイムの短縮ができます。
    適切な倉庫管理システムを導入することで、更に効率化が進みます。

  • コスト削減
  • 労働力やスペースの最適化を可能にし、運営コストの削減につながります。
    在庫の適正管理により、無駄な在庫保持コストも削減できます。

  • 顧客満足度の向上
  • 迅速かつ正確な出荷が可能になり、顧客への納品がスムーズになります。
    納期遅延や誤配送が減少し、顧客満足度が向上します。

関連する用語

在庫スイートクラウドの機能を見る
一覧ページに戻る