在庫管理・倉庫管理(WMS)のお役立ちノウハウまとめ
TEL.045-472-0938(9〜12時/13〜17時半/土・日・祝休)

在庫管理ノウハウ集

在庫管理システムにおけるクラウド/SaaSとオンプレミスの違い

システム基礎知識

クラウド/SaaSとは、オンプレミスとは

column_cloud01昨今、ITの世界でよく聞かれる「クラウド」という言葉。
「クラウドコンピューティング」とも呼ばれ、ユーザーはインターネット経由でサービスを受け、サービス利用料金を払う提供形態のものを指します。
提供されるサービスによって、いくつかに分類されます。
• IaaS(Infrastructure as a Service)
CPUやストレージなどインフラを提供
•PaaS(Platform as a Service)
ソフトウェアを構築および稼動させるための土台となるプラットフォームを提供
•SaaS(Software as a Service)
ソフトウェアを提供

column_cloud02一方、従来のように、所有するハードウェア・ソフトウェアを、自社の管理下にある建物の中に導入して管理・運用することをオンプレミス(on-premise)と呼びことがあります。
以前はこうした呼び方は無かったのですが、クラウドとの対比として、オンプレミスという言葉も浸透してきました。

業務システムにおけるクラウド/SaaSとオンプレミスの比較

業務システムを導入するにあたり、クラウド/SaaS型とオンプレミス、それぞれの違いを比較してみましょう。

費用面

オンプレミスでは主に初期段階で、クラウド/SaaSでは利用段階で費用が発生します。
但し、オンプレミスではOSのサポート切れなどで、購入したソフトウェアやハードウェアを新しいものに入替える場合があり、その際は改めて費用が発生する点は注意が必要です。

サーバー運用

オンプレミスは、サーバーを自ら所有し運用する為、ユーザーはサーバー管理者を配置することとなります。
クラウド/SaaSは、ソフトウェアと共に提供されており、サーバー運用を意識する必要がありません。

システム運用形態

オンプレミスは社内ネットワーク内での利用に限られます。
クラウド/SaaSではインターネットが繋がっていればどこでも利用できます。

セキュリティ

オンプレミスはID・PWの管理にそれほど気を使う必要はありません。
クラウド/SaaSでは、ID・PWの管理をしっかり行う必要があります。

この様に、それぞれ特徴があるため、一概にどちらが優れているとは言えません。
しかし、ユーザー側において運用が簡単で利用に集中できる点が評価され、クラウド/SaaSの裾野が広がっているのは確かです。

在庫管理システムがクラウド/SaaS化するメリット

我々が提供する在庫管理システムですが、これらがクラウド/SaaS化した場合のメリットをより具体的に紹介します。

まずは、サーバー運用担当者を配置しなくても良い点。
我々が提供する在庫管理システムは、販売管理システムなどの基幹システムの下に位置する、サブシステムです。
基幹システムは致し方ないけれど、サブシステムの為にサーバー運用を社内でやりたくないと考える企業は多いでしょう。
その場合、オンプレミスの中でもPC1台のスタンドアロンタイプで小規模運用とするか、クラウド/SaaSを導入するかの選択となります。
複数PCで一元管理したい、複数拠点を管理したいので、スタンドアロンタイプでは無理となれば、選べる選択肢はクラウド/SaaSだけとなります。

column_cloud03
次に、社内ネットワークでなくても利用できる点。
もし、社内ネットワーク内だけで利用するユーザーであれば、オンプレミスでも問題ありません。
しかし、
「倉庫が離れた場所にあり、社内ネットワークが繋がっていません。」
という場合だと、倉庫に専用回線を引くか、クラウド/SaaSとなります。

また、インターネットが繋がりさえすれば利用できるということは、3GLTEといった公衆無線回線で業務システムが利用できるということです。
モバイルルーターやスマートフォンのテザリングを利用して、外出先で在庫確認や棚卸が出来るのは大きなメリットでしょう。

取引先との連携運用も可能となります。
「仕入先にバーコードを発行・貼付して入荷してもらう」
「取引先と在庫情報を共有する」
「取引先に預けている自社資産の在庫を管理する」
いったニーズにも追加投資を行う事なく対応できます。

「クラウド在庫管理システムの失敗しない選び方」についてはこちらでも詳しく紹介しています。

50拠点を超える管理の実績もある「在庫スイートクラウド」

我々、インフュージョンが提供するクラウド/SaaS型在庫管理・倉庫管理システム「在庫スイートクラウド」。
490拠点以上の導入実績があり、導入ユーザーの中には、50拠点を超える在庫を一元管理されている事例もあります。
まさにインターネットさえ繋がれば利用できるクラウドの長所を示しています。

無料の体験版(30日間)も用意しています。
品目データとPCとスマートフォンがあれば、あなたの環境でバーコード・QRコード在庫管理を体験可能。
以下の「在庫スイートクラウドの機能を見る」をクリックし、製品ページをご覧下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • faecbook
  • twitter
  • pocket
  • はてなブックマーク

こんな記事も読まれています

一覧に戻る