在庫管理・倉庫管理(WMS)のお役立ちノウハウまとめ
TEL.045-472-0938(9〜12時/13〜17時半/土・日・祝休)

在庫管理ノウハウ集

組立部品や小物雑貨の迅速なピッキングを可能にするダブルトランザクションとは?

倉庫管理の基礎知識

入出庫の作業効率や、在庫の保管効率を高めるためにいくつかの保管ルールがあります。
そのうちのひとつが「ダブルトランザクション」。
小物雑貨や小物部品など、小さなアイテムをスピーディーにピッキング(出庫)するのに適した保管ルールです。
今日はそんなダブルトランザクションについて、効果を発揮する条件や必要な準備とツールを紹介します。

ピッキング作業をスピードアップするには、作業動線(移動距離)を短くすることが重要です。
あまり動かなくても済むよう少量の在庫を配置した専用エリアを設け、ピッキングはそこから行う運用を「ダブルトランザクション」と呼びます。

ピッキング専用のスペースである「ピッキングエリア」に対し、補充用在庫を保管するスペースは「ストックエリア」と呼ばれます。(ピッキングエリアを「ファイス」、ストックエリアを「リザーブ」と呼ぶこともあります)
ピッキングはピッキングエリアから行い、ピッキングエリアの在庫が一定量を割り込むと、ストックエリアから在庫を補充します。

2つのエリアは棚の上段をストックエリア・取り出しやすい下段をピッキングエリアとする縦配置と、場所で分ける横配置があります。
こうして2つのエリアを使い分けるのがダブルトランザクションです。

ピッキングエリアでは固定ロケーション、ストックエリアではフリーロケーションで運用されるケースが多く見られますが、特に縛りはありません。
固定ロケーションは記憶しやすい反面、廃品や新アイテムへの対応に手間がかかるため、ピッキングエリアもフリーロケーションで運用されているケースをしばしば見かけます。

ダブルトランザクションとの適合度を判断する3つのポイント

ピッキング効率と保管効率を両立させたいのは、誰しも同じ。
但し、ダブルトランザクションを採用すれば、どんな現場でも両立できるという訳ではありません。

ダブルトランザクションは補充作業が必要です。
補充作業を行っても余りある作業効率化のメリットが出るケースでのみ採用されるルールとも言えます。

では、どのようなケースで効果が出やすいのでしょうか?
3つのポイントがあります。

ひとつは、出庫頻度が高いこと。
ダブルトランザクションはピッキング効率を高める運用です。
あまり出庫(ピッキング)頻度の低い現場では、得られるメリットが少なくなってしまいます。

2つめは、在庫が移動しやすいこと。
「補充」という倉庫内での在庫移動を行う運用ですので、家具や大型家電など移動が大変なアイテムには向きません。

3つめは、1オーダーの出荷量が少ないこと。
卸売業(BtoB)のように、1オーダーの出荷量が多いとケースやパレット単位といった入荷した荷姿のまま出荷するのが適しています。
ダブルトランザクションは、ネット通販(BtoC)のように1オーダーの出荷量が少量なケースに向いているのです。

適した業種としては、

  • 製造における組み立て部品倉庫
  • ネット通販における小物雑貨やコスメ倉庫

などが挙げられるでしょう。

ダブルトランザクションとの適合度を図る3つのポイント

ピッキングエリアの適切な広さとは

ピッキングエリアはどの程度広さが適切なのでしょうか?

動線を縮めるためにコンパクトにすると述べましたが、狭ければ狭いほど良いというものではありません。
手狭すぎるとピッキング作業者が渋滞を起こしてしまい、動線が短くなっても作業効率はあがりません。

また、広さは保管量にも直結します。
手狭すぎると適切な保管量を確保できず一日何度も補充することとなります。
補充のための作業量が増えますし、補充担当者も加わりピッキングエリアが渋滞します。

このように、ピッキングエリアはコンパクトである必要はありますが、
・渋滞を起こさない
・数日分の在庫は保管できる
程度の広さが確保されていることが望まれます。

スムーズな補充に求められるシステム活用

ダブルトランザクションで必要な「補充作業」。
スムーズな補充作業を実現するには的確な補充依頼が重要です。

具体的には、補充担当者に

  • どのアイテムを補充すべきか
  • どれぐらい補充すべきか
  • どこに補充すべきか

を依頼する必要があります。

補充依頼を作成するのに、目視でチェックする方法もありますが手間がかかります。
日々行う作業なので迅速に行いたいですし、正確に依頼しないと現場が混乱します。
ダブルトランザクション運用は倉庫管理システム(WMS)によるサポートが望まれる所以です。

我々が提供する在庫スイートクラウドでは、各アイテムにピッキングエリアの補充点を設定することで、補充点割れアイテム一覧表(カスタム帳票)を発行できます。

補充点割れアイテム一覧表には、現状の保管位置(ロケーション/棚番)も明記します。
特にピッキングエリアをフリーロケーションで運用する場合は強く望まれる情報です。

どれぐらい補充すべきかは、ピッキングエリアを固定ロケーションで運用するなど条件が揃っていれば自動指示も可能でしょう。
ただし、実際は各ラックの大きさやアイテムの荷姿など複数の要因が関わりがち。
多くの情報設定が必要となり運用負担が大きく、そこまではやらない(出来ない)現場も多いでしょう。
その場合は、システムが出力する補充点割れアイテム一覧表を見ながら人の判断でどれぐらい補充すべきかを決定します。

補充点割れイメージ図

固定ロケーションとダブルトランザクションの境界線

固定ロケーションとダブルトランザクションは異なる運用です。
しかし現実的には固定ロケーションだと思って運用している現場が、自然とダブルトランザクションになりがちです。

私の経験上、完全な固定ロケーションで運用されることは殆どありません。
「原則、同じアイテムは同じ所に置くけれど、置ききれなければ別の所に逃がしている」
ということで対処されているはずです。

この場合、場所が空けば逃がしていた在庫を補充します。
逃がすことが多いとダブルトランザクションとの違いは曖昧です。

「逃がした場所をメモし、セロテープで貼っておく」
といったアナログな対応を行った結果、剥がれたメモを探し回っていると相談を受けることもあります。
やはり、倉庫内での補充が発生する場合はシステム管理が望まれます。

まとめ

組み立て部品のピッキングや、小物雑貨のピッキングに効果的なダブルトランザクションを紹介しました。

もし、あなたの倉庫が

  1. 出庫頻度が高く
  2. 在庫の移動が簡単で
  3. 1オーダーの出荷量が少ない

といった条件を満たしつつ、ピッキングスピードに不満をお持ちなら、ダブルトランザクションが効果を発揮する可能性が高いでしょう。
本コラムを参考に、検討してみてことをお勧めします。

  • faecbook
  • twitter
  • pocket
  • はてなブックマーク

こんな記事も読まれています

一覧に戻る

御社のシステム適合度を診断!

診断スタート診断スタート

御社のシステム適合度を診断!

  • お問い合わせはこちら
  • デモブース体験の申し込みはこちら
  • TEL.045-472-0938(9〜12時/13〜17時半/土・日・祝休)
  • お問い合わせはこちら
  • デモブース体験の申し込みはこちら
  • TEL.045-472-0938(9〜12時/13〜17時半/土・日・祝休)