在庫管理・倉庫管理(WMS)のお役立ちノウハウまとめ
TEL.045-472-0938(9〜12時/13〜17時半/土・日・祝休)

在庫管理ノウハウ集

ロケーションとは

倉庫管理の基礎知識

ロケーション管理とそのメリット

location01倉庫内の保管場所を指す住所(番地)
それがロケーションです。
スチール棚が入っている倉庫では、棚の1段づつにロケーションを振ります。
重量ラックが入っている倉庫では、ラック1つづつに。
平置きの場合でも、床に線を引きロケーションを振ります。

ロケーションを割り振る理由はひとつ。
倉庫内でモノを探し回ることを無くすこと
どこに、何があるのか?
ロケーションと在庫情報を紐づけて管理します。

ただし、紙やホワイトボード、エクセルを使った「アナログなロケーション管理」では、移動や記入/入力に時間を取られ、作業性が損なわれます。
その為、現場の運用が徹底されず、中途半端な管理になりがち。
多くの成功事例では、現場の負担を減らす為、バーコードを活用しています。
入出庫の際にその場でロケーションとアイテムのバーコードを読み取り、システムで自動管理します。

•「出荷する際に、モノを探し回ることが多い」
•「熟練者でないと、出庫できない」

そんな悩みを抱えている場合、ロケーション管理が有効です。
バーコードを活用すれば、効率化やタイムラグの防止、運用の徹底が進みます。

固定ロケーションとフリーロケーション

ロケーション管理と密接に関係するのが、在庫の保管ルール。
保管ルールには大きく分けて 「固定ロケーション」と「フリーロケーション」があります。

固定ロケーション」とは、アイテム毎に保管する場所を決める運用
どこに何があるのか人が覚えやすいのが特長です。(アイテム数が多いと大変ですが)
しかし、場所が空いていても他のアイテムは置けません。
逆に、置ききれない時は、別の場所に保管することとなり「在庫探し」の原因になりがち。
アイテムの入替があれば、置き場所を決定・変更する必要もあります。
シンプルな運用ですが、柔軟性に欠け、面倒な点も多い運用です。

フリーロケーション」とは、空いている場所に保管していく運用
入力やデータ処理が複雑になり、システム化されたロケーション管理が必須となりますが、現場運用は柔軟です。
固定ロケーションのような
• 場所が空いているのに置けない
•どこに置いたか分からない
•アイテムの入れ替えでレイアウト変更を強いられる

といったデメリットはありません。

フリーロケーションは、
•雑貨やアパレルといった、商品変動が激しい商品
•化学原料といった、生産量の変動で在庫の増減が多いもの
•食品・医療といった、日付管理やロット管理が必要な商品

などで多く採用されています。

「柔軟な」固定ロケーション運用も

我々が提供する倉庫管理システム「在庫スイートクラウド」は、フリーロケーションによるロケーション管理をサポートしています。
では、利用ユーザーが皆さん「完全なフリーロケーション」で保管されているかというと、そんなことはありません。

「原則、同じアイテムは同じ所に置くけれど、置けなければ空いた所に置いてよし」

という、言わば「柔軟な固定ロケーション」で運用されているケースも多く見られます。
従来、固定ロケーションで運用されていた現場にも馴染みやすく、フリーロケーションならではの柔軟性もあります。

保管ルールとして、フリーロケーションを採用するか、(柔軟な)固定ロケーションを採用するかは、扱うアイテムの特性に合わせて選択して下さい。

倉庫のデジタル・システム化を進めるツール

このように、ロケーションを倉庫内に振るだけでは、モノ探しがなくなったり、ピッキングが効率化することはありません。
倉庫をデジタル化・システム化してこそ、ロケーション管理による「作業の効率化」や「スペースの有効活用」が進むのです。

そんな倉庫のデジタル化を実現するのが「在庫スイートクラウド」。
2つのラインアップがあります。

初めてでも簡単に導入できる「在庫スイートクラウドLite」。
バーコードを読むだけで、ロケーションと紐づけた在庫の把握が出来ます。

多くの出庫指示を効率的に対応するのが「在庫スイートクラウドPro」。
ロケーション別在庫管理に加え、ピッキング(出庫)支援機能もあります。

どちらも資料や30日間の体験版を無料で提供しています。
バーコード発行機能もあり、モバイル端末(iPod touch + 一体型バーコードスキャナー)の無料貸し出しも行っています。
運用イメージをすぐに体感頂けますので、興味のある方、以下のバナーよりお申込み下さい!

  • faecbook
  • twitter
  • pocket
  • はてなブックマーク

こんな記事も読まれています

一覧に戻る

御社のシステム適合度を診断!

診断スタート診断スタート

御社のシステム適合度を診断!

  • お問い合わせはこちら
  • デモブース体験の申し込みはこちら
  • TEL.045-472-0938(9〜12時/13〜17時半/土・日・祝休)
  • お問い合わせはこちら
  • デモブース体験の申し込みはこちら
  • TEL.045-472-0938(9〜12時/13〜17時半/土・日・祝休)