在庫管理・倉庫管理(WMS)のお役立ちノウハウまとめ
TEL.045-472-0938(9〜12時/13〜17時半/土・日・祝休)

在庫管理ノウハウ集

WMSとは -WMSの定義や必要性、基幹システムとの連携-

システム基礎知識

WMSとは?

WMSとは、Warehouse(倉庫)Management Systemの略で、「倉庫管理システム」と訳されます。
WMSは、入出荷・保管といった倉庫オペレーションの正確性とスピードアップを実現する仕組みです。
その為に倉庫オペレーションで必要となる細かさで現物在庫を管理します。

なぜWMSが必要なのか?

殆どの企業で、コンピュータによる在庫管理を行っています。
しかし、それらは販売管理などの「基幹システム」としての在庫管理
具体的には「売上」や「仕入」を入力することで、在庫数が増減されるような仕組みです。

「売上」の場合はその後「請求」となり、「仕入」の場合はその後「支払」となります。
「請求」「支払」といったお金が絡む処理=勘定処理と連動した在庫管理は、勘定処理で必要な範囲での在庫管理に限定されます。
一般的には、品目別での管理が基本。
その上で、倉庫別での管理が出来たり、食品や化学系企業ではロット別での管理を行うケースが見受けられます。

しかし、倉庫オペレーションで発生する

•迷わずスムーズに入出庫をしたい
•ミスを防ぐ為にバーコードを活用したい
•フリーロケーションで運用し、倉庫の保管能力を上げたい

といった要望に応えるには、情報や機能が不足しています。
その為、基幹管理システムを補完するサブシステムとしてWMSが導入されるのです。

基幹システムとWMSが分かれるワケ

「なぜ基幹システムは、WMSの機能を持たないのか?」
という疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

その答えはWMSは各現場からのローカルな要望に応える仕組みだから。
入出庫や保管方法は、物量や倉庫の広さ、ラックの有無やアイテムの特性で変わります。
倉庫が変われば、適した運用は異なります。
製品倉庫と部品倉庫とでも業務の流れは異なります。
こうした現場毎に異なる要望への対応は、全社共通で運用する基幹システムに取り込むべきではありません。
一般的にWMSが基幹システムから切り離されるのはこうした理由からです。

基幹システムとの連携について

あくまでも企業の中心となる仕組みは基幹システムです。
サブシステムであるWMSは基幹システムとデータ連携し運用します。
教科書的に紹介されている連携方法は以下のような流れです。

wms_01基幹システム(販売管理システム)とWMS(在庫スイートクラウドPro)との教科書的な連携方法

しかし、基幹システムの持つ機能やその使い方は各社違い、我々が経験してきた連携パターンも多岐に渡ります。

wms_02実際にあった基幹システム(販売管理システム)とWMS(在庫スイートクラウドPro)との連携方法の一例

WMSを触ってみたい、話を聞いてみたい方へ

各現場の倉庫オペレーションを改善するWMSは、各現場の現行システムや業務の流れを理解した上で、導入を進める必要があります。
改善を成功させるためには、機能面もさることながら、導入コンサルティングが非常に重要です。

我々は単なるシステム提供会社ではありません。
•各現場のご状況を的確に理解すること。
•何が課題なのかを明らかにし共有すること。
•課題クリアに向けた具体性のある改善提案を行うこと。
を重視し、お話しさせて頂きます。

ぜひ、我々にお客様の課題をお聞かせください。

  • faecbook
  • twitter
  • pocket
  • はてなブックマーク

こんな記事も読まれています

一覧に戻る

御社のシステム適合度を診断!

診断スタート診断スタート

御社のシステム適合度を診断!

  • お問い合わせはこちら
  • デモブース体験の申し込みはこちら
  • TEL.045-472-0938(9〜12時/13〜17時半/土・日・祝休)
  • お問い合わせはこちら
  • デモブース体験の申し込みはこちら
  • TEL.045-472-0938(9〜12時/13〜17時半/土・日・祝休)