在庫管理・倉庫管理(WMS)のお役立ちノウハウまとめ
TEL.045-472-0938(9〜12時/13〜17時半/土・日・祝休)

在庫管理ノウハウ集

WMSとは -WMS導入の効果、初めてのWMS選びのポイント

システム基礎知識

WMSとは、Warehouse(倉庫)Management Systemの略で、「倉庫管理システム」と訳されます。
WMSは、入出荷・保管といった倉庫における「庫内物流」の正確性とスピードアップを実現する仕組みです。
製造業の原料/部品/製品倉庫、小売・卸売業・通販・ECの商品倉庫、サービス業の保守部品倉庫などに導入されます。

WMSが基幹システムと分かれているワケ

殆どの企業では、既に基幹システムが導入されています。
基幹システムでも、売上・仕入・生産といった処理と連動した在庫管理=在庫数の更新を行います。
それらは在庫数を把握するだけであり、出庫やピッキングといった入出庫作業はサポートしません。
なぜでしょうか?

その理由は簡単。
倉庫業務が、全社統一で管理する基幹システムで対応するにはそぐわない作業領域だからです。
特に入出庫作業といえば、もっとも現場寄りの作業。
保管に関する運用ルールとして固定ロケーションやフリーロケーションがありますが、社内で統一されることなどありません。
製品はフリーロケーション、保守部品は固定ロケーションといった運用は多くの企業で見られます。
ピッキング(出庫/棚出)にしても、シングルピッキングだったりトータルピッキングだったり
同じ企業内でも、倉庫の広さやラックの有無、取扱い品によって作業のやり方が変わります。
より多くの在庫を保管できるよう特定の倉庫にラックを導入すれば、その倉庫での作業のやり方は変わるのです。
このように倉庫業務は各現場でローカルなニーズが発生するため、WMS(倉庫管理システム)は、全社統一で管理する基幹システムで対応するのではなく、各現場用のサブシステムとして導入されるのが一般的なのです。

こうした話をすると、
「うちの基幹システムはピッキングリストも発行できますよ」
と仰られることもあります。

しかしお話を伺うと、
・固定ロケーションにしか対応していない。
・トータルピッキング用の商品毎に合算した表を出すだけ。
といったもので、WMS(倉庫管理システム)が持っているピッキング支援機能と比べてると相当弱いもの。
フリーロケーションでの運用はもちろん、基本は固定ロケーションだけど置ききれない際は異なる場所に保管するような運用には対応できません。
基幹システムで対応できる入出庫支援としては、このあたりが限界と言えるでしょう。

倉庫業務は、現場ごとにローカルなニーズが発生するから

WMS導入の効果とは

WMS(倉庫管理システム)を導入すると、どのような効果がでるのでしょうか?
大きく4つ挙げられます。

ひとつは、倉庫業務のスピードアップです。
入出庫を行う際、システムより倉庫内の場所(ロケーション)が指示されます。
迷いのない、スムーズな作業を促します。
弊社ユーザーでも
・ピッキング速度が50%上がった。
・作業員を25名→12名に減らせた。
・当日出荷の締切を2時間遅らせることが出来た。
といった効果が出ています。

2番目は、作業の標準化によるベテラン依存からの脱却です。
WMSが導入されていないと、どこに何が保管されているか記憶していたり、管理用の帳票やEXCELへの記入・入力方法を分かっていなければなりません。
商品知識や業務知識が必要な作業のやり方となり「業務の属人化」が進みます。
WMSを導入すれば、そうした知識の多くを補完してくれ、業務継続を破綻させるリスクのある「業務の属人化」を排除できます。

3番目は、出荷精度の向上です。
WMSを導入すると、多くの場合、目視によるアナログチェックだけでなく、バーコードを使ったデジタルチェックも行います。
その場合、誤出荷が減り、出荷精度がアップします。
特に、半導体、化粧品、手芸雑貨など、荷姿が似ていて外観では個別しづらい商品の場合、その効果はハッキリと出ます。
弊社ユーザーでも
・誤出荷ミスが1/15に減り、出荷精度99.999%(10万回に1回以下のミス)を達成した。
・以前は毎日1~2件発生していた誤出荷が、導入後は無くなった。
といった効果が出ています。

最後は、正確な現品在庫の把握です。
入出庫の際にバーコードを読み取ることで、モノの動きと一致した在庫情報をリアルタイムに把握できます。
基幹システムで在庫管理を実施されている場合でも、基幹システムとのデータ照合を行うことで、実地棚卸を行わなくても、在庫のずれが把握しやすくなります。
基幹システムで在庫管理されていない場合では、WMSの在庫情報をもとにユーザーへの在庫問合せから発注計画まで作成されることすらあります。
弊社ユーザーには
「WMS導入の最大の効果は、正確に今ある在庫が分かるようになったことだ!」
と仰る方もいらっしゃいます。

倉庫業務のスピードアップ、ベテラン依存脱却、精度アップ、在庫の現品管理強化

初めてのWMS選びのポイント

そんなWMS(倉庫管理システム)ですが、選定する際のポイントとは何でしょうか?

まずは、御社の課題の洗い出しと合意です。
人や立場により課題と感じることやその優先順位は異なるもの。
周知と認識を合わせないと、選定の基準が揺らぐことがあります。
特に今まで手書きやEXCELでやってきた場合はこの点が重要となります。
課題をピックアップし、改善すべき内容を社内で合意してください。
例)
・実在庫把握の精度アップと管理工数削減 ・作業効率UPによる最大出荷能力の向上
・倉庫業務の標準化の推進(ベテラン頼みの廃止)
・誤出荷防止体制の構築
・棚卸のスピードアップ

次にシステムの候補選びです。
・課題に対応できるのか
・標準価格はいくらか
・近い業種での実績があるか
を確認し、候補を絞ります。
3候補程度に絞られることが多いでしょう。
その際に重要なのが「分かりやすさ」。
いくら機能を持っていても、理解できなければ意味はありません。
営業資料、マニュアル、手順書など、確認できる資料は意外と多いもの。
また、問い合せした際のやり取りも評価ポイントとなるでしょう。

3番目は詳細確認です。
先ほど絞り込んだシステム候補に対し、詳しく確認していきます。
ベンダーとやり取りや相談を行いながら、御社にとって
・業務はどう変わるのか?
・具体的にどう改善されるのか?
・自社の構成だとコストはどうなのか?
を確認していきます。

最後に体験です。
ベンダーによっては、体験版を提供していることもあります。
また、実機を使った運用ができるデモブースを用意していることもあります。
もっとも現場寄りの仕組みなだけに、実際に体験することが大切です。
極力、実際のシステムで検証も行うようにしてください。

初めてのWMS(倉庫管理システム)選びも、こうしたステップを踏むことで自信をもって進めて頂けることでしょう。

WMS選定ステップ

  • faecbook
  • twitter
  • pocket
  • はてなブックマーク

こんな記事も読まれています

一覧に戻る

御社のシステム適合度を診断!

診断スタート診断スタート

御社のシステム適合度を診断!

  • お問い合わせはこちら
  • デモブース体験の申し込みはこちら
  • TEL.045-472-0938(9〜12時/13〜17時半/土・日・祝休)
  • お問い合わせはこちら
  • デモブース体験の申し込みはこちら
  • TEL.045-472-0938(9〜12時/13〜17時半/土・日・祝休)