在庫管理・倉庫管理(WMS)のお役立ちノウハウまとめ
TEL.045-472-0938(9〜12時/13〜17時半/土・日・祝休)

在庫管理ノウハウ集

在庫管理のポイント「在庫管理表」とは?活用のメリット・デメリット

在庫管理の基礎知識

 

在庫管理の重要性

在庫管理は仕入れや売り上げに直結するもの。
会社運営・企業成長に大きな影響を与えるものです。
在庫管理を徹底し、作業を効率化することで「生産性向上」「正確な在庫数の把握」「品質の安定」「出荷時間の短縮」など多くのメリットが生まれます。

企業の重要なポイントとなる在庫管理。
在庫管理を行うために取り入れられているのが、手書きやエクセルの「在庫管理表」とシステムを利用した「在庫管理システム」
「在庫管理システム」を導入している会社も増えてきましたが、「在庫管理表」を使用している会社もまだまだ多いです。

ここでは、在庫管理のポイントともいえる「在庫管理表」とは何か?その種類や活用メリット・デメリットをご紹介します。

在庫管理表とは?

在庫管理を目的とし、システム以外を使用した管理表を「在庫管理表」と呼びます。
製品などの入庫数・出庫数・在庫数を正しく把握するための表と考えるとイメージがつきやすいでしょう。
「在庫管理表」は一般的に紙やエクセルを使用したものがほとんどです。
特に決まったフォーマットはなく、各会社にて必要な項目を精査し、表に入れ込みます。

紙の在庫管理表例

この例では「品番・品名・場所」ごとに「日付・入庫数・出庫数・在庫数」を入れて管理するようにしています。
紙の在庫管理表はモノを動かす際にすぐに記帳できるように棚にぶら下げている現場も多いです。
こうすることで、記入忘れを防ぎ、在庫のずれをなくします。

エクセルの在庫管理表例

この例では横軸を「日付」、縦軸を「品番・品名・先月繰越数・在庫数・出庫数・入庫数」が入れて管理するようにしています。
エクセルの在庫管理表はモノを動かすたびに個数を入力。自動で計算できるよう事前に関数を入れて作成します。

在庫管理表のメリット

手書きやエクセルの在庫管理表は費用がかからないのが最大のメリット
エクセルのフォーマットはネットでも無料でダウンロードが可能です。
ルールさえ決めて運用できれば、導入までの手間もコストも最小限に抑えることができます 

在庫管理表のデメリット

ピッキングで置き場所が指示されず困っている在庫管理表のデメリットは基本作業は全て人の手で行うということ
手書き・エクセルともに表を作成。
入出庫数を数え、
手で紙に日付や入庫数・出庫数を記入。計算した上で在庫数を算出」もしくは「エクセルデータを開き入力箇所を確認・入力」が必要です。 

手作業のため、「作業に時間がかかる」「数が合わない」「ミスが多い」「慣れているベテランでないと効率が落ちる」と言われることが多いです。 

また、在庫管理表は紙やエクセルデータで存在するため、紛失やデータ破損の可能性があります。
重要なデータがなくならないよう、紙ベースであれば持ち出せないようにする、 エクセルデータは毎日バックアップをとり、原本を上書きしないようにするなど対策も行いましょう。 

在庫管理表の課題改善ポイント

人が手作業で行うため、どうしてもミスや手間は発生してしまいます
極力、ミス・手間減らすためルール・マニュアルを明確に作成することが大切
在庫管理表を使う全員が理解できることがポイントです。 

例えば在庫データを更新する作業、1日2回11時16時更新の時間を決め、入力する順番決めてきます
すると、全員が同じ認識で作業をうためミスは減、ルーティン業務となれば手間も削減できます。
例えミスが起こってしまっても分析がしやすく、改善策を打ちやすくなるでしょう。 

在庫管理表に限界を感じたら?

在庫管理表の活用だけでは管理できる内容に限界があります。
商品数が多く、在庫の出し入れも多いと在庫管理表で全部の商品を正確に把握することは困難です。
また、
賞味期限別管理やリアルタイムな在庫管理も実現は難しいでしょう。

そこで、商品数・入出庫数の多い在庫管理、リアルタイムな在庫管理を実現するために、選ばれるようになったのが、在庫管理ができるシステムです。
一般的には3タイプあり、「販売管理システム」「EC管理システム」 「実在庫管理/倉庫管理システム」と呼ばれるもの。 

「販売管理システム」「EC管理システム」の在庫管理は、 売上・仕入・製造などの処理に連動し、在庫数を増減してくれます。 

「実在庫管理/倉庫管理システム」の在庫管理は、 モノの動きに合わせてリアルタイムに在庫管理を行います。
さらに在庫管理表では管理が難しい、資材・消耗品など販売に関わらない在庫の管理、ロット別(賞味期限など)の在庫管理、ロケーション管理の課題も解決。
入出庫の記録はハンディーターミナルやスマートフォンでバーコード・QRコードを読み取るだけ。
リアルタイムに現場から直接反映できる
ことで、管理負担やミスを減らすことができます 

在庫管理システムの導入時は初期費用もかかり、現場での在庫管理作業を変えることになるので手間もかかります。
しかし、導入後は「誤発注・誤出荷」「伝票の入力作業」「保管場所を探す時間」「ロット管理にかかる手間」などがなくなり導入費・手間以上の利益とメリットがあります。

 

「在庫管理」は企業が成長していくために必要不可欠なものです。
それぞれの課題に合わせて適切な在庫管理の方法を選択していきましょう。

 

ある会社にて在庫管理表の課題改善を目的とした、在庫管理システム導入に至るまでのプロジェクト事例はこちら↓
手書きで在庫管理表を記入している人が効率化のために最初に実践するべきこと

 

われわれインフュージョンは、在庫スイートクラウド(クラウド型の実在庫管理システム/倉庫管理システム)を提供しています。
350拠点以上の導入実績を持っており、サイトで紹介している事例も一例に過ぎません。

無料の体験版(30日間)も用意。
品目データとPCとスマートフォンがあれば、あなたの環境でバーコード・QRコード在庫管理を体験頂けます。
以下のバナーより製品ページをご覧下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • faecbook
  • twitter
  • pocket
  • はてなブックマーク

こんな記事も読まれています

一覧に戻る