在庫管理・倉庫管理(WMS)のお役立ちノウハウまとめ
TEL.045-472-0938(9〜12時/13〜17時半/土・日・祝休)

在庫管理ノウハウ集

在庫管理におけるバーコード・QRコード導入のメリット

システム基礎知識

在庫管理にバーコードやQRコードが使われるワケ

barcode01在庫管理の基本は、正確に受け払い(入出荷)を記帳することです。
紙で管理する場合、在庫台帳と呼ばれる帳面に記帳します。
モノを動かす際にすぐに記帳できるよう、棚にぶら下げている現場もよく見かけます。
こうすることで、記入忘れを防ぎ、在庫のズレをなくそうとしているのです。

ここで、システムによる在庫管理に置き換えてみましょう。
在庫台帳への記帳にあたるのは入出荷の入力です。
紙の管理と同様、モノの動きに合わせて入出荷を入力したい、そんな時に有効なのがバーコードなのです。

barcode02自由に持ち運べるハンディターミナルを使い、バーコードを読み取ることで、どの品目(商品・製品・パーツ)かを指定し、数量はテンキーで入力します。
このように、事務所のオペレーターが作業結果を打ち込むことなく、現場でのデータ入力が可能となります。
バーコードの導入で、リアルタイムな実在庫の把握がシンプルに実現できるのです。

なお、QRコードはバーコードよりも多くの情報が入るため、賞味期限や製造ロットなどの商品属性まで盛り込むことが出来ます。
ロット管理が必要な現場では、QRコードを発行・貼付して管理するケースもあります。

倉庫業務の強化にも展開しやすい

バーコードによる在庫管理は、倉庫現場で現品を直接読み取る仕組みです。
入出庫といった倉庫業務の強化との親和性が高いことが挙げられます。

まず挙げられるのがロケーション管理
入庫登録の際、ロケーション(棚番)とアイテムのバーコードを読むことで「どこに・何が・いくつ」あるかを把握でき、効率的な入出庫作業を支援します。

また、出荷/取り揃え/配膳チェックも可能にとなります。
barcode03バーコードやQRコードを使った入力では、誤出荷の防止も同時に行えます。
出荷予定を予め取り込み実績と照合、予定外の品目ならばエラーを通知します。
この仕組みは「バーコード検品」や「スキャン検品」と呼ばれ、作業品質を向上させ、熟練者に頼らない体制を作ります。

↓こちらでハンディターミナルを使った、バーコード検品の様子をご覧頂けます。

バーコードがない場合の対応方法

バーコード導入のメリットを説明すると
「うちの扱い品はバーコードがない。どうしたら良いの?」
というご相談を受けることがあります。
対応方法はいくつかあり、アイテムや保管状況により、複数の方法を採用されることもあります。
自社に適した方法をお選びください。

モノに直接バーコードラベルを貼る

モノに直接貼ったり、モノが入っている化粧箱に貼ります。
まれに、針金荷札をモノに付けてそこにラベルを貼るケースもあります。
バーコードやQRコードにロット情報も入れて管理する場合は、このパターンが殆どです。

保管容器にバーコードラベルを貼る

プラスチックの容器など、モノを保管する容器に貼る方法です。
ひとつひとつには貼らないので、発行や貼り付けの負担は抑えられます。
容器には同じアイテムを保管することが条件です。

保管する棚に貼る

アイテム毎に保管位置が決まっている場合は棚にバーコードラベルを貼ることも出来ます。
発行や貼り付けの負担は抑えられます。
保管位置が変わるとラベルの付け替えが必要となります。

バーコードシートを用意する

コンビニでおでんを購入する時のように、バーコードシートで対応することもあります。
バーコードシートの枚数が増えると選ぶのが大変になります。
分類毎に分けるなど、工夫が必要となります。

バーコードラベルの発行方法

バーコードラベルの発行方法も検討する必要があります。
自社でラベル発行するには、タックシールを使うか、専用のラベルプリンターで発行するかのいずれかです。
それぞれの特性を知った上で、適した方法でラベルを発行して下さい。

タックシール

宛名印刷で良く使われるタックシールと一般的なページプリンターを使ってバーコードラベルを発行します。
特別な機器を必要としないので、初期投資が抑えられます。
インクジェットプリンターでバーコードを印刷すると、滲(にじ)みやカスレで読み取り不良が起こる場合があり、レーザープリンターをご使用ください
また、レーザー印刷は経年劣化にも強く、棚に貼るラベルなど長期利用するラベルに適しています

一方、入荷するたびにバーコードラベルを発行しモノに貼る運用では、使われずに残るラベルが発生するため適していません。(例:A4 24面のうち7枚発行し、17枚残る)
残りラベルで発行することも出来ますが、用紙をセットしたり、印刷開始位置を指定したりと、手間が掛かるのが難点。
何度も同じ用紙を通すので、プリンターでの紙詰まりのリスクも高まります。

ラベルプリンター

専用のラベルプリンターは、機器を購入する必要がありますが、必要な枚数だけが発行されるのがメリットです。
入荷の際、バーコードラベルを発行しモノに貼る運用に適しています
印字方式は数種類ありますが、ダイレクトサーマルプリンター方式はプリンター本体がコンパクトで、機器・消耗品ともに費用が抑えられます。
但し、経年劣化に関しては、レーザー印刷と比べると劣ります。(通常のオフィス環境なら1年程度は大丈夫ですが)
そうした点でも、モノに直接貼るバーコードラベルの発行に向いています。

まとめ

在庫管理におけるバーコード・QRコード導入のメリットは、現場からシステムに直接入力できるので、現品ベースの在庫管理を効率的に実現できる点です。
また、ロケーション別の在庫管理やバーコード検品など、倉庫業務の強化も図りやすくなります。

バーコードがない場合は、自社でラベルを貼ることで運用します。
モノにひとつつずつ貼る場合もあれば、保管容器や保管棚に貼る、バーコードシートを用意することもあります。

「帳簿在庫と実在庫が合わない」
「実在庫の管理が紙やエクセルなので手間だ」
「慣れた人でないと在庫を出荷するのに時間がかかりミスも多い」
そんな在庫管理にまつわる課題を解消するのが、バーコード・QRコードなのです。

  • faecbook
  • twitter
  • pocket
  • はてなブックマーク

こんな記事も読まれています

一覧に戻る

御社のシステム適合度を診断!

診断スタート診断スタート

御社のシステム適合度を診断!

  • お問い合わせはこちら
  • デモブース体験の申し込みはこちら
  • TEL.045-472-0938(9〜12時/13〜17時半/土・日・祝休)
  • お問い合わせはこちら
  • デモブース体験の申し込みはこちら
  • TEL.045-472-0938(9〜12時/13〜17時半/土・日・祝休)