在庫管理・倉庫管理(WMS)のお役立ちノウハウまとめ
TEL.045-472-0938(9〜12時/13〜17時半/土・日・祝休)

在庫管理ノウハウ集

在庫管理におけるバーコード・QRコード導入のメリット

システム基礎知識

在庫管理にバーコードやQRコードが使われるワケ

barcode01在庫管理の基本は、正確に受け払い(入出荷)を記帳することです。
紙で管理する場合、在庫台帳と呼ばれる帳面に記帳します。
モノを動かす際にすぐに記帳できるよう、棚にぶら下げている現場もよく見かけます。
こうすることで、記入忘れを防ぎ、在庫のズレをなくそうとしているのです。

ここで、システムによる在庫管理に置き換えてみましょう。
在庫台帳への記帳にあたるのは入出荷の入力です。
紙の管理と同様、モノの動きに合わせて入出荷を入力したい、そんな時に有効なのがバーコードなのです。

barcode02自由に持ち運べるハンディターミナルを使い、バーコードを読み取ることで、どの品目(商品・製品・パーツ)かを指定し、数量はテンキーで入力します。
このように、事務所のオペレーターが作業結果を打ち込むことなく、現場でのデータ入力が可能となるのです。

また、QRコードはバーコードよりも多くの情報が入るため、賞味期限や製造ロットなどの商品属性まで盛り込むことが出来ます。
ロット管理が必要な現場では、QRコードを発行・貼付して管理するケースもあります。

出荷/取り揃え/配膳チェックも可能に

barcode03バーコードやQRコードを使った入力では、誤出荷の防止も同時に行えます。
出荷予定を予め取り込み実績と照合、予定外の品目ならばエラーを通知します。
この仕組みは「バーコード検品」や「スキャン検品」と呼ばれ、作業品質を向上させ、熟練者に頼らない体制を作ります。

↓こちらでハンディターミナルを使った、バーコード検品の様子をご覧頂けます。

ハンディターミナル運用が可能な「在庫スイートクラウド」

このように、ハンディターミナルを使いながらバーコードやQRコードを読み取れば、作業をしながら現場で直接入力することができます。
オペレーター業務を廃止し、モノとデータの流れが一致したリアルタイムな在庫管理を実現します。
予め入荷予定や出荷指示を登録すればバーコード検品による現場作業が可能。
ミスを監視し、誰でも正確な倉庫オペレーションができる環境を構築します。

在庫スイートクラウドは、ハンディターミナルを使ったリアルタイムな在庫管理をトータルに提供します。
お気軽にお問合せ下さい。

  • faecbook
  • twitter
  • pocket
  • はてなブックマーク

こんな記事も読まれています

一覧に戻る

御社のシステム適合度を診断!

診断スタート診断スタート

御社のシステム適合度を診断!

  • お問い合わせはこちら
  • デモブース体験の申し込みはこちら
  • TEL.045-472-0938(9〜12時/13〜17時半/土・日・祝休)
  • お問い合わせはこちら
  • デモブース体験の申し込みはこちら
  • TEL.045-472-0938(9〜12時/13〜17時半/土・日・祝休)